フォーラム会合

過去の会合記録

第3回会合

環境省環境研究総合推進費「S-8 温暖化影響評価・適応政策に関する 総合的研究」2013年度シンポジウムと「地域適応フォーラム」の第3回会合を合体させて、 シンポジウムを開催しました。

タイトル: 気候変動適応シンポジウム「気候変動の影響と適応〜地域の実践」
日 時: 2013年11月26日(火)午後・27日(水)午前・午後
場 所: 法政大学市ヶ谷キャンパス スカイホール(ボアソナードタワー26階)

※当日の配布資料は下記の各議事次第からご覧ください。

1日目 2013年11月26日(火)13:00-17:00

進行次第(以下、発表者等は敬称略):

全体進行:原澤英夫(国立環境研究所)

第1部気候変動影響と適応策を取り巻く政策と研究の紹介

講演1:「IPCC WG1第5次評価報告書における最新の気候シナリオ」(国立環境研究所 江守正多)

配布資料:IPCC WG1 第5次評価報告書における最新の気候シナリオ(0.57 MB)

講演2:「気候変動が及ぼす将来の水・土砂災害分野への影響」(九州大学 小松利光)

配布資料:気候変動が及ぼす将来の水・土砂災害分野への影響(6.3 MB)

講演3:「気候変動が及ぼす将来の水資源分野への影響」(東洋大学 荒巻俊也)

配布資料:気候変動が及ぼす将来の水資源分野への影響(3.4 MB)

講演4:「気候変動が及ぼす将来の熱中症分野への影響」(筑波大学 本田靖)

配布資料:温暖化が及ぼす将来の熱中症分野への影響(3.7 MB)

講演5:「気候変動が及ぼす将来の農業・食料分野への影響」(農業環境研究所 石郷岡康史)

配布資料:気候変動が及ぼす将来の農業・食料分野への影響(2.5 MB)

第2部パネルディスカッションと意見交換

コーディネイター:三村信男(茨城大学)

パネリスト:小松利光(九州大学)、本田靖(筑波大学)、石郷岡康史(農業環境技術研究所)、 荒巻俊也(東洋大学)、辻原浩(環境省)、石原幸司(国土交通省)、作田竜一(農林水産省)、及川義教(気象庁)

パネルディスカッション:気象庁における気候変動適応への取り組み(気象庁 及川義教)

配布資料:気象庁における気候変動適応への取り組み(0.5 MB)

気候変動への適応に向けた環境省の取組について(環境省 辻原浩)

配布資料:気候変動への適応に向けた環境省の取組について(3.4 MB)

国土交通省における適応策の取組について(国土交通省 石原幸司)

配布資料:国土交通省における適応策の取組について(1.4 MB)

農業分野の気候変動への適応施策(農林水産省 作田竜一)

配布資料:農業分野の気候変動への適応施策(3.4 MB)

2日目 2013年11月27日(水)10:00-17:00

進行次第(以下、発表者等は敬称略):

全体進行:中井佳絵(法政大学)

第1部地域における気候変動影響と適応策の取組手法

報告1:「気候変動の適応計画の方向性」(環境省 野本卓也)

配布資料:適応計画策定に向けた取組と今後の方向性について(1.0 MB)

報告2:「気候変動影響の評価結果と政策検討における活用案」(国立環境研究所 肱岡靖明)

配布資料:気候変動影響の評価結果と政策検討における活用案(2.1 MB)

報告3:「地域における適応策実装の動向と課題、ガイドラインVer.2」(法政大学 白井信雄)

配布資料:地域における適応策実装の動向と課題、ガイドラインVer.2(0.39 MB)

報告4:「海外自治体にみる適応策の動向と日本が学ぶべき点」(国立環境研究所 久保田泉)

配布資料:海外自治体にみる適応策の動向と日本が学ぶべき点(4.3 MB)

報告5:「気候変動適応におけるトップダウンとボトムアップの統合手法」(法政大学 馬場健司)

配布資料:気候変動適応におけるトップダウンとボトムアップの統合手法(0.75 MB)

報告6:「気候変動適応における合意形成の実践手法」(高知工科大学 那須清吾)

配布資料:気候変動下における四国の水資源政策決定支援システムの開発(5.6 MB)

第2部地域における気候変動影響研究・適応策の取組報告

報告7:「先行地域における適応策検討の成果・課題・展望〜事例1:埼玉県」
(埼玉県環境科学国際センター 嶋田知英)

配布資料:埼玉県における温暖化適応策への取り組みと今後の展開(1.7 MB)

報告8:「先行地域における適応策検討の成果・課題・展望〜事例2:長野県」
(長野県環境保全研究所 陸斉)

配布資料:先行地域における適応策検討の成果・課題・展望〜事例2(2.4 MB)

報告9:「先行地域における適応策検討の成果・課題・展望〜事例3:三重県」
(三重県 服部由直)

配布資料:〜 変化する気候と これからの備え 〜 三重県における気候変動適応への取組(4.3 MB)

報告10:「RECCA プロジェクトにおける適応策の取組事例」
(農業環境技術研究所 西森基貴)

配布資料:RECCAプロジェクトにおける適応策の取り組み事例(1.7 MB)

報告11:「企業における適応策の取組動向と地方自治体との連携可能性」
(損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント(株) 斎藤照夫)

配布資料:企業の適応への取組みの促進と 地方自治体との連携について(0.6 MB)

第3部会場との質疑応答、意見交換

コーディネイター:田中充(法政大学)

パネリスト:全ての報告者

記録・報告資料